MENU

家族

不動産投資を始めたい

みんなで大家さんは少額から不動産投資をすることができ、投資リスクも非常に低いと評判になっています。また、利回りも良いので少額からでもそれなりの収益も期待できます。仮想通貨や株式投資に不安を覚える人はみんなで大家さんの利用を検討してみるのも良いでしょう。

マンション

基本を守ろう

安く購入して高く売却するということが投資マンションで資産運用をする際の基本スタンスです。不動産市況には中期的なスパンで波がありますので、その波をしっかりと掴むことができれば、失敗することはまずありません。

紙幣

人気の高い国外不動産投資

海外不動産投資が日本で人気を集めている最大の要因は、国内不動産投資に比べても相対的に高いリターンが期待できるという点にあります。また、投資額の小口化が進んだことや、為替相場が円高水準で推移したことも海外不動産投資を行いたいという投資家を後押ししています。

模型とお金

運用を始めよう

資産運用をすれば、自分が働いていない時にでも資産を殖やすことができます。資産運用の初心者にお勧めな投資商品が上場不動産投資信託です。少額から始めることができるうえに、分散投資の効果も期待することができます。

マンション

条件を絞ろう

中古ワンルームマンション投資を検討しているのであれば、インターネット上で闇雲に情報を探すよりも、まずは条件を検討しておきましょう。条件として考えておかなければいけないことはエリアと修繕積立金の支払額です。

両方のメリットを知ろう

マンション

小さく始めてみよう

不動産投資をする場合、区分マンションを購入するか、1棟アパートを購入するかで迷う人も少なくありません。区分マンションにも、1棟アパートにも、それぞれに良さがあります。資産性の観点からいえば、1棟アパートの方が有利です。なぜならば、1棟アパートの場合、建物も土地もすべてが自分のものになるからです。大規模修繕をしたり、共用部のリニューアルをしたりして資産価値を向上させることをスピーディーに行うことができます。一方で、分散投資の観点からいえば、区分マンションの方が有利です。1棟アパートの場合、保有している全ての部屋が同じ場所にあります。そのため、エリアの選択を間違ってしまうと、苦戦してしまいます。しかし、区分マンションの場合には、1戸ずつ、エリアの異なる物件を保有することができます。苦戦するようなエリアの区分マンションを購入してしまったとしても、その物件のみを手放し、新たなエリアの物件に投資をし、資産を入れ替えていくということもできます。区分マンション投資にはもう1つメリットがあります。それは少額から始めることができるという点です。1棟アパートの場合には、良質な物件を購入しようとすると、1億円前後の資金が必要となりますが、区分マンションの場合には1000万円から2000万円用意できれば十分です。もしも、どの物件で不動産投資をしようか悩んでいるのであれば、まずは区分マンションで始めて、慣れてきたら1棟アパートにチャレンジしてみるとよいです。

Copyright© 2018 不動産投資をはじめたいなら必見|マンションの種類を知っておこう All Rights Reserved.